読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パッチ備忘録

Oracle

パッチにはシングル・インスタンスのDBに当てるケース、RACに当てるケース、Grid Infrastructureに当てるケースなど、様々なパターンが存在するが、今回はRACのDBにのみ当てるケース。オプティマイザの検証などに使用することが多いので、忘れないように備忘録。

  1. パッチをMy Oracle Supportから取得する。ログイン後、「パッチと更新版」タブをクリックし、パッチを検索しダウンロードする。
  2. DBのある環境でダウンロードしたzipファイルを展開する。
  3. DBを止める。
    $ srvctl stop database -d DB名
  4. 2で展開したディレクトリに移動。
  5. パッチを当てる。
    $ $ORACLE_HOME/OPatch/opatch apply
  6. パッチが当たっているか確認。
    $ $ORACLE_HOME/OPatch/opatch lsinventory | grep applied
  7. DBを起動する。検証開始。
    $ srvctl start database -d DB名
  8. 検証が終了したら、DBを止めてからパッチをロールバックする。
    $ srvctl stop database -d DB名
    $ $ORACLE_HOME/OPatch/opatch rollback -id パッチ番号
  9. パッチがロールバックされているか確認。
    $ $ORACLE_HOME/OPatch/opatch lsinventory | grep applied

Gridなどに当てるケースはマニュアルを確認する。

以上